透析医療機関経営者に役立つ本

櫻堂渉による、透析医療機関経営者に役立つ本をご紹介します。

透析マネジメント / 櫻堂の本棚

櫻堂の本棚

櫻堂の本棚

医療機関経営者、リーダーの皆さんにぜひ読んでいただきたい本を紹介するコーナーです。


知識創造企業

知識創造企業

『知識創造企業』は1995年に知識経営論の産みの親である経営学者・野中郁次郎氏と経営学者・竹内弘高氏が共著し世界的な評価を受け、全米出版家協会の「ベストブック・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた一冊である。


チーズはどこへ消えた?

チーズはどこへ消えた?

心理学者で心臓のペースメーカーの発明にも携わった医学者でもあるスペンサー・ジョンソンが、変化に迷い、訳が分からなくなったとき、どう一歩を踏み出すかを短い物語を通して単純・明快にしてしている。


7つの習慣―成功には原則があった!

7つの習慣―成功には原則があった!

『7つの習慣』は、スティーブン・R・コヴィーによって書かれ、日本では1996年に初版された。ビジネス書というイメージがあるが、帯には「この本を読むことは、あなたの人生における最高の冒険になるだろう。」と謳われていて、成功や人生の哲学、自助努力といった人間の生活を広く取り扱った内容だ。世界で1,500万部以上を売り上げ、人気を博した書籍である。


出現する未来

出現する未来

「学習する組織」のグルであるピーター・センゲが「U理論」をキーコンセプトに世界とつながる自己・自己の内部から始まる世界や未来と出会い、世界―組織―自己を再創造する能力は、いかに育成されるかなどを記した画期的著書! 著者の発する言の背後にある人間の生き方に関する関心は、実証主義派よりはるかに深いものがある。物事を深く考えるという見方が新しい世界を広げてくれるはず。


ブルーオーシャン戦略

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する

W・チャン・キム + レネ・モボルニュという二人の著者の経営戦略コンセプトで‘これからを生き抜く為の戦略’と説かれる『ブルー・オーシャン戦略』というものがある。彼らのコンセプトは非常に明快である。


ハイコンセプト

ハイコンセプト−「新しいこと」を考え出す人の時代

著書のダニエル・ピンク氏は日本でもなじみが深く、5年ほど前のベストセラー『フリーエージェント社会の到来』を読まれた方も多いであろう。これからのビジネスに必要な能力とは何か、を示した本書もまた、全米でベストセラーとなった。


顧客満足型マーケティングの構図

顧客満足型マーケティングの構図−新しい企業成長の論理を求めて

初版はバブル崩壊で日本企業の多くが苦悩の真っ只中にあった94年で、以来12年余、その後、後遺症を克服して戦後一番長い長期経済成長の続く現在も版を重ねるロングセラー。


非営利組織の経営

非営利組織の経営 〜原理と実践〜

「非営利組織の経営 〜原理と実戦〜」は、昨年11月に逝った「経営学の父」と言われたP.F.ドラッカーの著書です。本書は、フィリップ・コトラー等とのインタビューを通じて、病院やNPOなど非営利組織のマネジメントとリーダーのあり方について明らかにしており、経営にとって重要なキーワードが随所に散りばめられています。


ビジョナリーカンパニー2

ビジョナリーカンパニー2 〜飛躍の法則〜

今回紹介するジェームズ・C・コリンズ著「ビジョナリーカンパニー2 〜飛躍の法則〜」は、全米で5年間にわたるベストセラーになり、100万部を越えた「ビジョナリーカンパニー 〜時代を超える生存の原則〜」の続編です。

透析医療機関のTOP5%を目指す戦略研クラブ